【妊活記21】無排卵の終わり

スポンサーリンク

※1話目はこちらから
※前回の話はこちらから

 

ナリムラ
ナリムラ

何をしても上がらなかった体温が、
突然ポンと上がりました

ナリムラ
ナリムラ

ほんの1週間前まで
不正出血が続いていたのに

ナリムラ
ナリムラ

そしてこの周期を境に、
無排卵の症状はパッタリと
無くなりました

夫

結局何が効いたのかな?

ナリムラ
ナリムラ

うーん・・・
色々試していたから
「これのおかげ!」と
断定できるものはないな

 

自覚症状などは何もなく、
突然排卵が起こりました。
強いて言えば「なんか身体の調子いいな」
という感覚が数日前からあったくらい。

 
基礎体温の上昇で気づいたので
タイミングも取れず、
妊活らしい妊活はできませんでした。

 

さて、ここからは肝心の
なぜ無排卵が治ったか について
ナリムラの考えを書いていきたいと思います。

 
この周期で新たにやっていたことがいくつかあります。
すでに全部ブログに書いてきたことですが・・・

  • 温経湯の毎日服用をやめ、より体質に合った漢方を飲み始めた
  • 食生活を見直し、妊活を意識したレシピに切り替えた
  • 血流に良い生活習慣を理解し、できる範囲で実践し始めた

これらは全て体質を変えるため始めたことです。
目に見える効果が出るまでに数ヶ月かかると覚悟していました。

ですが実際は、1、2週間で排卵が起こりました。
そこまで劇的な変化を及ぼしていたなら「漢方ってすごい!血流改善ってすごい!」とオススメしたいところですが、正直、現実的ではない気がします。

 
今周期に取り組み始めた内容で排卵ができた 
というよりは
これまで積み重ねていた習慣により体質がすでに改善されてきていた。そして今周期の生活改善で更に排卵が促された。
と考えた方が自然なように思います。

 

つまり、半年以上に渡って
苦しんでいた無排卵月経の期間に、
「今周期はシャワーで済ます日を減らそう」とか
「今日は運動してみよう」とか
「納豆って良いらしいじゃん」とか
そういう、健康に良さそうなことをネットで調べて、
手を出しては飽き、
また別の健康法に興味を持ち、
最初は頑張るけど段々サボりがちになり…
みたいな日々を積み重ねるうちに
少しずつ良い方向へ進んでいった。

のではないかと思っています。
 

低体温が続いていた時期、
魔法のように無排卵が改善されて
ポンと高温期になれる方法があればいいのに
とずっと思っていました。
もし自分が排卵できるようになったら、
同じように悩む人に
アドバイスしてあげたい。

 
自分の経験を元に
「これが効くよ!」と
お伝えしたかったですが、
残念ながら1つに絞れなかった
というのが結論です。
すみません・・・・・・。

 

さて、何とか自力排卵はできるようになりましたが、
排卵がスムーズにできないPCOSの体質は
治ったわけではありません。
 

妊活に至っては
ここからがやっと
スタートのようなものです。

 

この記事を書いている今も
ゴールには辿り着いていないので、
今後も戦いの日々を
残していきたいと思います🙇‍♂️

 

 

タイトルとURLをコピーしました