私がPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と診断されるまで#1

スポンサーリンク

PCOSと診断されたのはナリムラが27歳の時ですが、それより数年前の学生時代から、自分の生理周期はちょっと上手くいっていないのでは?と疑問を持っていました。

自分で色々と調べたり記録をつけていこう!と思うきっかけになったのが、この子宮頸がん検診を受けたことでした(当時20歳〜22歳くらい?)

本来なら、がん検査のみなので生理周期について質問されることは少ないと思います。
たまたま私が診察をお願いした先生が親切で聞いてくれたのかなー。

基礎体温は付けていない、と私が言った時の先生の困惑具合に焦った記憶があります。学生で測っていないってそんなに珍しくないと思うのですが、なんであんな空気になったんだろうな・・・

あと、この先生からは「子宮がやや小さく後屈してる」とも言われました。不穏なことばっかり言われるな。

その先生曰く、子宮後屈の人は生理痛が重くなりやすいらしいです。私はめっちゃ軽いタイプなのでそう伝えると、「本当は生理痛が酷くなりやすいタイプなのに、内膜が薄い(経血量が少ない)から平気なのね・・・」的な感じで言われました。この文章を打っているうちに段々と心配になってきましたが、今に至るまで後屈が原因で何かあったということは特にないので一旦忘れることにします。

子宮頸がん検診の結果は問題なしでした。

 

次の話↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました